初心者 英語勉強法

初心者が失敗する残念な英語勉強法ランキング

英単語の勉強からはじめる

 私の周りの「なんとなく英語がしゃべれるようになりたい」方を見回すと、英単語の勉強から始めている人が多いです。そして、必ずといっていいほど、勉強は続いていませんw
 英単語は上達には必須ですが、基本的に暗記なので、英語を学ぶおもしろさという部分がほとんどありません。

 

 それよりも、会話音声をゆっくり聞いて、それを真似して、「聴けた!話せた!」という喜びを実感するという勉強法のほうが、続けやすいです。
 超初心者であれば、スピークナチュラルが適しています。

 

スピークナチュラルホームページ

 

 最初に単語学習から入ると、おもしろくないので、辞めてしまうというわけです。
 個人的には英単語のみを集中して覚える勉強は当分しなくてもいいと思っています。当サイトで紹介しているロゼッタストーンのように、初期段階から単語学習をプログラムに組み込んである場合は別として、例えばエブリディイングリッシュを使ってるとすれば、その教材の会話のの中で出てきた知らない単語を覚えるだけでかなりボキャブラリーは養成されると思います。

 

 

英文法をおろそかにする

 とにかく実践でしゃべりたい、という人にありがちですね。
 そういう方に限って、海外経験者の方に「文法なんか勉強しなくても適当にしゃべれるよ」というアドバイスを鵜呑みにしてたりします(汗)。
 まあ、そういう場合もあるかもしれませんが、日本にいながら勉強する場合は、敢えてブロークンイングリッシュを学ぶ必要はありませんし、日本語とは全く構造が違うわけですから、いずれ学ぶ必要はでてくるわけです。
 英単語は最初にするべきことではないですが、自信がない方は簡単な英文法は必ず最初にやるべきです。
 特にS・Vがとれない人、HeやYouのように短い単語ならわかるけど、that節が主語のあとにきて、主部が長くなったとたんどれが主語で動詞かわからなくなるという人は、基礎力が不足していますので、文法をやりましょう。
 文法を勉強するのに一番よいのは高校受験の英語問題集(1冊が50ページくらいのもの)を解いてみることです。100点とれるまで繰り返し解いてみるとそれだけで理解度はあがっていると思います。

 

 

発音の勉強をしない

 独学で勉強している初心者の方はほとんど、発音の勉強はスルーしているのではないでしょうか。
 よく、「L」と「R」の違いが話題にされますが、それ以外にも覚えることはたくさんあります。例えば「ア」に近い英語の読み方は3つあります。「See」と「she」はカタカナで書くとどちらも「シー」ですが、前者は「スィー」で後者は「シィー」に近いイメージです。
 なぜ、発音が大事かというと、自分がしゃべれるようになると、突然聴けるようになれます。逆にいうと、自分が話せないことは聴けないわけです。

 

 麻生太郎のような、すごい日本語なまりの英語で、ペラペラの方もいますが、そういう人は稀で、実はリスニング力をつけるには、発音を磨くのが一番はやいのです。
 発音記号も本来であれば、覚えたいところですが、初心者や英語が得意でない方にはアレルギーが出そうなので、そういう方は、当サイトで紹介しているスピークナチュラルがおすすめですね。
 「ゆっくり聴いて」音を分解してみる。そしてそれを真似てみると、発音記号を理解しているのに近い音でしゃべれると思います。

 

 

これら3つ以外にもあるとは思いますが、英語学習の初期段階で特に重要なのはこのこの3点かなと思います。勉強の入り方を間違えるとあとあと苦労するので、はじめにやるべきことと、やらなくてもいいことを分けて覚えておいてくださいね。

 

 ■TOPページへ戻る