ビジネス英語

 仕事で急に英語が必要になるときってありますよね。「英語とは無縁の世界で働いてきたののに、いきなり言われても・・・」って! 
 でも、仕事だからやるしかない。何から手をつければいいか分からない。そんなとき、私は以下のようなかんじで進めていきます。

 

  まずは目的を把握。この把握を間違ってしまうと遠回りな勉強方法になってしまうので慎重に。
 確かに、最終的にはどの目的でも対応できるようになれば一番良いのですが、今の状況を乗り切るためにピンポイントで対応策を検討していきます。

 

目的を把握する。

  例えば以下の状況が考えられます。
  ・海外とのメールのやりとり
  ・社内文書が全て英語
  ・職場で外国人と一緒に仕事
  ・上司が外国人
  ・出張
  ・海外勤務

 

  次に、英語のどのスキルが必要であるかを把握。これを把握するには、既にその仕事をしている同僚に尋ねることが一番の近道です。
  その仕事を外から見ている印象と実際とは意外に異なることが多いです。ピンポイントで対応策を検討するには非常に役に立つ情報です。

 

どの英語のスキルが最も役立つかを把握する

   ・ライティング
   ・リスニング 
   ・スピーキング
   ・リーディング

 

 初級者はリスニング・スピーキングは、同じ教材で学習できることが多いですが、中級者レベル以上なら、リスニングをスピードラーニングリスニングパワー等のレベルの教材を使用したほうが良いと思います。

 

  最後に、目的・スキルにあった教材を選択。

 

目的に合った教材を選ぶ。

  例えば次の選択が検討できます。

 

  目的:海外とのメールのやりとり
  スキル:ライティング
  >>>>教材は、ビジネスで役に立つ、色々な文章例が取り上げられている教材。更に言えば、場面ごとに例文が載っている教材が使い易いと思います。

 

  目的:職場で外国人と一緒に仕事
  スキル:スピーキング
  >>>>教材は、職場で使う英会話の例が載ってる教材で、重要なことは、CD等で音声も一緒に確認できる教材です。

 

 

  ここで、教材を選択する際の追加検討事項が少しあります。これを考慮すれば、さらに適切な教材選びが可能だと思います。いつまでに、どのレベルを必要とするのか、自分の英語はどのレベルなのかということです。それによって、同じ目的・スキルであっても、選択する教材が異なります。例えば、自分の実力以上の難しい教材から学習を始めるとモチベーションが下がる可能性があります。できれば、自分の実力より少し低めの教材を選択し、それを完成させて自分に自信をつけてから自分よりレベルの高い教材に取り組むほうが最終的には良い結果が得られるかもしれません。
  上記のようなプロセスで、目的・スキル・教材を把握して、学習を進めていければ、ピンポイントで対応可能ではないでしょうか。

ビジネス英語・社会人向け英語学習記事一覧

仕事で英語が必要になった人がするべき3つのこと

 仕事で急に英語が必要になるときってありますよね。 「英語とは無縁の世界で働いてきたののに、いきなり言われても・・・」って!  でも、仕事だからやるしかない。何から手をつければいいか分からない。そんなとき、私は以下のようなかんじで進めていきます。  まずは目的を把握。この把握を間違ってしまうと遠回り...

≫続きを読む

学生時代やっていない英語のブランクを埋めるには?

 学生時代以来、英語に触れる機会がないまま社会人になり、そのまま数年が経ってしまって、ある時、英語が必要になった。今更どうやって英語のブランクを埋めるか困りますよね。 特に、学生時代、英語が嫌いだったとしたら、尚更、何から手をつけて良いかわからず、右往左往するだけ。こんなとき、私だったらどうするかを...

≫続きを読む

元・社内通訳が教える!転職に有利な英語力とは?

 転職活動で必ず聞かれるのが英語力。 では、どれぐらい必要とされているのか、これは業種や職種でまちまちですが、「英語力は必要ありません」と言う会社は数少ないはずです。 個人的には、「英語力は必要ありません」と言われると、「この会社は倒産しないのか?」と応募を躊躇します。 私はこれまで英語関連の仕事を...

≫続きを読む

転職の際に取っていたい職業別TOEICの点数【保存版】

 転職活動で必ず聞かれるのがTOEICの点数。 では、どれぐらいの点数を持っていると有利になるのかを色々な情報を見ながら総合的にみていきました。 TOEICでは各点数の意味は以下のようになっているようです。860点以上 専門外でも十分な理解とふさわしい表現ができる。730点以上 通常会話は完全に理解...

≫続きを読む

英語で議論される会議を聞き取るための4つのポイント

  働き始めると良くあるのが急に英語主体の会議に出席させられことです。 本人に英語の能力があろうとなかろうとそんなことは関係ありません。 通常通り仕事を遂行しなければならないのです。 しかし、長い間、英語から遠ざかっていた人にとっては、一大事のはずです。 こんなとき、どうやって乗り切る方法があるのか...

≫続きを読む