YouCanSpeak(ユーキャンスピーク)

YouCanSpeak(ユーキャンスピーク)特徴

ユーキャンスピーク

 

 Dr.キノシタっていう通訳者が、言いたいことを瞬時に英語で口からアウトプットする、を目的に開発しています。
 今持っている文法知識を使って、語彙を使って、言いたいことを正しい英語として言うトレーニング教材です。
 実際の会話でもトレーニングで鍛えたセンテンス構築能力を発揮できるように何度も繰り返し練習できるようになっています。

 

期待できる効果

 方法として、短い文章からそれに修飾語や句を加え、長いセンテンスにしていきます。
 また、レベルが上がってくると、短いセンテンスを「節」として、より複雑な文の中に組み込んだり、または、短いセンテンスを「句」として、さらに複雑な文の中に「名詞」として組み込んだりします。
 実際に英語で会話する際に、もう少し詳しい内容でしゃべりたい、という場面ではかなり役に立ちました。今まで、言いたいことの重要な部分だけを簡単なセンテンスで伝えていたところを、追加情報も加えて話せるようになりました。

 

使用した感想

 YouCanSpeakは、レベル1〜レベル4のレベルを定めていて、レベル4になると「ネイティブスピーカーと自由にディベート(議論)ができるようになること」となっています。
 さらに各レベルは26日でクリアできるようになっていて、最初からレベル4まですべてを3ヵ月半で完了し、ネイティブとディベートできるレベルに達する、としています。
 が、かなりの初心者の段階から三ヶ月半でネイティブと対応に会話できるようになるのかは、ちょっと疑問です。
 感覚としては、ゲーム感覚なので覚えるのが苦にならない感じです。でも、これだけを一生懸命やっても会話できるようにはならないかな、と思いました。初心者向け教材ではないかもしれませんね。

 

  ただ、やはり続けていけば「口に出して英語のセンテンスを覚えていく」ことができるようになるので、良い練習です。ずっと続けていくと丸暗記ではなく、自分のセンテンスとして脳の中に蓄積されていくので、英語で話しかけられたら、自分の引き出しから「すっと」言いたいことをアウトプットしていける感覚は身につきます。思い浮かんだこと、相手に伝えたいことを自分のセンテンスとして組み立てて口から出せるようになります。自然な会話を成立させるには、十分な量の語彙と知識の蓄積が必要なので、モチベーションと根気をもって取り組む必要はありますが。

 

 繰り返しますが、受講生の英語レベルとしては、まったく初心者では難しいと思います。文法知識をある程度持ってないと本当に丸暗記にしかならず、応用がきかない可能性もあります。当然ですが応用として使えるようになるには語彙も必要なわけです。なので、文法や語彙に自信がない方は並行して文法の勉強や語彙の学習をオススメします。また、YouCanSpeakで蓄積できた知識をアウトプットする場として、外国人と実際に会話する機会を作ることも必要です。バーで外国人と知り合う、国際パーティに参加する、英会話を習う、などなんでもよいので、会話ができる場を持ちましょう。
 逆に言うと、ボキャブラリーはそこそこあるが、なかなか会話になると自信がないという方や、普段から仕事やプライベートで少しでも英語を使う機会のある方は、こういう教材を使えば英語力を加速できる可能性が高いですね。

 

 

値段の高さは返金保障でカバー!

 YouCanSpeak(ユーキャンスピーク)は教材でありながら、オンラインで利用できるので、使い勝手はいいです。最近はスマホ対応は当たり前になってきましたが、そのあたりもバッチリです。
 でも、ちょっと高いかなー。例えばロゼッタストーンはもうちょっとお値段するんですが、studioっていう生のレッスンがついてますからね。ユーキャンスピークに足りない、アウトプットの場の提供ができてるわけですよ。
 あと2万円くらい安かったらもうちょっと推薦してたかもしれません。残念!

 

 

ユーキャンスピーク